犬のお葬式ナビは、お近くの犬や猫の葬儀社・火葬場・霊園をさがせるサイトです。

お別れの方法を決める

何年か前まではペットが亡くなった場合、家に庭があれば埋めてやり、もしなければ役所に依頼して遺体を引き取ってもらう、というどちらかの方法を選ぶことが一般的な認識だったと思いますが、近年ではペットでも人と同様にお葬式を挙げて供養する方が多くなっています。当サイトでも紹介しているペット葬儀業者に依頼し、お葬式を挙げる方法です。

亡くなってしまったペットに何をしてやれるか、お葬式にいくらまで費用をかけられるか、ということにもなりますが、納得できるお別れの方法を選ぶことが必要です。

自宅で埋葬する(土葬)

戸建住宅にお住まいの方などは自分の庭など私有地であればそこに土葬することができます。
自分で行う限り費用は一切必要ありませんし、墓標を立ててあげていつでもお参りできるという利点もあります。もちろん、深く埋めてやり、腐敗臭が発生しないようにするなど近隣の方への配慮は必要です。
マンション暮らしで土地を持たない場合は、他人や公共の土地に埋めることはできないため、この方法は選択できません。不法投棄として扱われてしまいます。

役所に依頼する

役所に頼む場合、サービス内容は自治体によって差はありますが、合同火葬のみ扱っている自治体が大半のようです。
その場合、同時期に亡くなられた他の人のペットと複数頭同時に火葬するため、遺骨の返還はしてもらえません。共同墓地に合同埋葬して供養塔を設置しているところもあります。
ペット専用の火葬炉を持ち、割増料金を払えば個別に火葬・返骨してくれる町もありますが、かえってペット葬儀業者に頼むよりも費用が高くなってしまうケースもあるようです。

ペットの遺体は「一般廃棄物」、つまり法律上は「生ゴミ」と一緒の扱いになってしまうため、役所に依頼する場合は手厚い供養をお考えの方には実に素っ気なく物足らないものとなります。そのかわり、当然安い費用で済ませることができるというメリットはあります。

合同火葬、合同埋葬は、もしご家族にペットロス症候群(ペットを失った事で発生した心身の疾患)が懸念されそうな方がおられる場合などはあまり選択すべきではないのではないか、と考えます。
愛するペットが亡くなったことでショックを受けない人などいないと思いますが、ペットの死を受け入れられずに精神的・身体的な様々な症状(無気力・うつ病・ストレス性胃炎など)を発症してしまう方も多いです。
また、その時は合同火葬することに納得して役所・業者に頼んだものの、後でやはり遺骨は返して欲しかった、というように後悔してしまうケースも多いと聞きます。

個別火葬であればペットロス症候群は起きない、というわけではありませんが、人と同様に葬儀を挙げて火葬してやり、お墓を作り、手厚く供養してあげることで、ペットとの死別のショックをある程度軽減できるのではないかと考えます。
そういった場合は、次項のペット葬儀・ペット火葬・ペット霊園といった、ペットのお葬式を扱っている業者に依頼することをオススメします。

業者に依頼する

業者に依頼した場合、もちろんプラン・料金は業者によって異なります。一般的にペットの大きさ・重さによって火葬料金が変わってきますし、火葬の方法も合同火葬⇒個別火葬⇒立会火葬の順で高くなってきます。斎場での葬儀だけでなく、移動火葬車を所有し自宅での葬儀・火葬を選べる業者も多いです。
どのような葬儀を挙げてもらえるのか、火葬後、遺骨を返してもらえるのか、遺骨を納めたペンダントなどメモリアルグッズを作ることができるか、など必ずサービス内容を確認の上、ご依頼ください。

当サイトでは最寄りの市区町村からペット葬儀業者を探すことができますが、ある程度離れた町の業者でも、出張して来ていただけるかもしれませんので、ピンとくる業者がお近くにないようであれば他県も含めて探してみることもオススメします。
その場合はもちろん出張費をお支払いすることになるかと思いますし、「対応地域」欄になくても相談次第では来ていただける場合もあるかもしれませんので、まずは連絡してみましょう。

一旦契約したことをいいことに、次から次へと追加料金を請求されるなどの悪質なケースもあるようです。あとで「聞いてない、騙された」とトラブルにならないよう、サービス内容の気になる点は全て確認し、見積を提出してもらいましょう。納得できない場合は絶対に契約するべきではありません。

前記の通り、ペットの遺体は法律上、一般廃棄物とされています。そのため法的に規制がなく、悪質な業者のつけ入る隙も多いようです。しかたがないことではありますが、法律上ゴミとして扱われてしまうペットの死を、どれだけ丁重に、親身になってくれる業者と出逢えるか、ということに尽きるのだと思います。当サイトでそのお手伝いができればと考えております。

都道府県から探す

ペットが亡くなってしまったら

お別れの方法を決める

ペットの供養について

リンクについて

犬のお葬式ナビへのリンクは自由です。バナーが必要な場合は以下の画像をダウンロードしてお使いください。

横120px 縦60px