犬のお葬式ナビは、お近くの犬や猫の葬儀社・火葬場・霊園をさがせるサイトです。

ペットの供養について

火葬について

ペットの遺体は自宅に土葬するのでなければ、役所やペット火葬業者に依頼して火葬してもらうことになります。
火葬を行う場所ですが、火葬場で行うか移動火葬車に来てもらうか、2通りの方法があります。もちろん、どちらかにしか対応していない業者もあります。

火葬場の場合は、自分で遺体を火葬場まで運んでいく場合と、送迎車が迎えに来てくれる場合があります。移動火葬車は、移動式の火葬炉を積んだ自動車です。自宅まで出張してきてもらい、自宅前かお近くの都合の良い場所で火葬してもらえます。最近は、移動火葬車専門のペット火葬業者もあるようです。

また、移動火葬車や送迎車が用意されていても、ペットの大きさによっては対応できない場合があります。必ず火葬業者にご確認ください。


火葬場での火葬には、個別火葬と合同火葬があります。

個別火葬は亡くなったペットだけを火葬する方法です。一般的に合同火葬よりも割高になりますが、遺骨を返還してもらえるというメリットがあります。また、人間の火葬のように、火葬に立ち会ってお骨を拾える立会火葬を選択できる場合もあります。移動火葬車の場合は基本的に個別火葬となります。

合同火葬は、同時期に亡くなった他人のペットもまとめて火葬する方法です。個別火葬よりも費用は安く済みますが、遺骨は返還されません。役所による火葬は基本的に合同火葬となります。

埋葬方法について

ペット霊園での埋葬方法は、共同墓地と個別墓地、そして納骨堂があります。

共同墓地は他のペットと同じ場所に埋葬されます。もちろん、自分のペットのためだけの墓石等を建てることはできません。共同の供養塔などが建っています。

個別墓地は人間のお墓と同じように、そのペットだけのお墓を作ることができます。当然、費用は多くかかります。また、最近は人間のお墓にペットも一緒に入れる霊園もあるようです。

納骨堂はお墓を建てるまで骨壷を預かってもらえる施設です。一般的にコインロッカーや棚のようなものになります。

都道府県から探す

ペットが亡くなってしまったら

お別れの方法を決める

ペットの供養について

リンクについて

犬のお葬式ナビへのリンクは自由です。バナーが必要な場合は以下の画像をダウンロードしてお使いください。

横120px 縦60px